読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙一重hypocrite

しあわせをひろってつなげていきていく

式日

 

 

先週、友人の結婚パーティーの幹事をした。

パーティは大成功に終わりそれはいい一日だったのだが、

備忘録というか、今の自分の考え、という意味で

自分の結婚感を記しておこうと思う。

 

結婚。

それは博打。

 

悪い意味ではなく、正直10年付き合っていようが

生活となると何があるかわからない。

どんなにリスクを覗いたつもりでも、予想もしないことや

腹が立つ事がたくさんあるだろう。

 

以前友人の祖母が改宗するという話を聞いた。

理由を聞くと「死んでまで夫と同じ墓に入りたくないから」とのこと。

他人事ながらに笑ってしまったが、その時

「あぁ、夫婦はやはりどこまで行っても他人なのだなぁ」

と思った。

 

一方で、GINZAに掲載されている「岡村靖幸の結婚への道」

で対談していた田原総一朗のコメントも印象的だ。

 

「結婚は思い切り」

 

そう。

上記したとおりどんなにリスクヘッジをしても、

理想の相手でもだめなときはだめだし、

うまくいくときは行くだろう。

 

とはいえ、やはりそうかんたんに割り切れないものではある。

 

結婚=生活 ということは紛れもない事実で、

おままごとや同棲とは訳が違う。

 

だからこそつまるところかの有名な歌のように、

育ってきた環境も違うし、好き嫌いは否めない。

だから頑張ってみる、やれるだけ頑張ってみる。

 

ということなのだろうなぁと思う。

 

 

.